海外バイナリーオプション評判比較.com

海外バイオプ業者を主に比較検証。デモトレードの有無・入出金の安全性など。口コミ情報の投稿も募集。

マーチンゲール法を使ったバイナリーオプション必勝法

2014-08-15 17:04:21 攻略 攻略法, マーチンゲール法

マーチンゲール法についてはこちらを御覧ください→マーチンゲール法とは

マーチンゲール法の弱点は膨大な資金を準備する必要があるということ。

一度の勝負の位を上げすぎなければ十分な資金を調達することが可能なケースもありうるという前提で今回は考察してまいります。

では、マーチンゲール法のもう一つの欠点である払戻率について見ていきます。
マーチンゲール法で賭け金が倍々になっていくのは払い戻しが2倍だからです。
この、払い戻し率が2倍未満となるようでしたら、賭け金が倍では元本に届かなくなってしまいます。

バイナリーオプションではペイアウト率が2倍というところはほぼありえないか、あったとして的中率が1/2とは到底言えないような賭けになってしまうことが多いと思います。

ここでアナタが取る方法は2種類あります。

1. ペイアウト率が2倍のところを探し、マーチンゲール法に準じた方法を取る。
2. ペイアウト率が低いなら賭け金の上昇率もそれに合わせる。

1の手法は確率が不明瞭なため、計算が成り立ちづらくあまりオススメはできません。1/2の確率で2倍の払い戻しがある、というのがマーチンゲール法のメリットだからです。

では、2の手法で考えてまいります。
ここでペイアウト率が1.7倍のバイナリーオプションを考えてみましょう。1.7倍程度なら普通に見つかるはずですね。(余談ですが当サイトおすすめのBinary-60はペイアウト率1.7~1.85倍なので、十分に適合している範囲です。)

回数 投資額 総投資額 払戻金 差し引き
1 1000 1000 1700 +700
2 2000 3000 3400 +400
3 4000 7000 6800 -200

このように徐々に負けがかさんでいき、3回め以降は勝ったとしても差し引きでマイナスとなってしまいます。これではマーチンゲール法の前提がおかしくなってしまいます。
これを解決するための手段としては投資額を変動させるのが良さそうです。

回数 投資額 総投資額 払戻金 差し引き
1 1000 1000 1700 +700
2 2429 3429 4129 +700
3 5898 9327 10027 +700
4 14324 23650 24350 +700
5 34786 58436 59136 +700

このようにすると、何度やっても700円の価値が保証されたマーチンゲール法での勝負になりそうですね。

では、2倍、2倍ではないこの賭け金の計算方法をお教えいたします。

P=ペイアウト率 としたとき
1 + ( 1 / ( P - 1 ) )
で計算ができます。ペイアウト率1.7倍の時は「2.4285714286」となります。
同様に、ペイアウト率が1.85倍とすると「2.1764705882」です。

問題点は通常のマーチンゲール法同様、負けこんだ時の投資金額です。ペイアウト1.7倍で計算した時、10回目の投資額は100万円を超えます。

それで取り戻せるお金が投資金額+700円というのはやはり寂しいですね。

たしかに理論上は必勝法ではあるのですが、実践するほどの価値があるかというと、時間換算するとやはり現実的ではなさそうです。

 

No.1オススメBO
  • PC/スマホ/タブレット等多数のデバイスに対応
  • 最小取引単位「500円」から利用可能!
  • 完全日本語対応の安心サポート体制!
バイナリー60 (Binary60)
コメント

* は必須項目です。
メールアドレスは公開されません。

Rate(1-5)3

Name

Email

Title

Content *

おすすめナンバーワンのバイナリーオプション